願いごとを考えてますか?/Microsoftがタブレットを発表!!/D____BLOG(デザインブログ)始めました!
Digital AD Service
twitter
Like [DAS News] Vol.8 on Facebook
comment on [DAS News] Vol.8

【DAS News】Vol.8


【季節のコラム】「願いごとを考えてますか?」

7月と聞きますと、その響きだけで心なしか外出時の日差しも強く感じられ、いよいよ夏本番かぁやるぞ!という気持ちがわいてきます。
 
そんな7月ですが街を歩きますと、願いをこめたカラフルな短冊がたなびく葉竹を目にします。
 
私はそんな七夕かざりを見つけると、季節を感じながら、顔も知らない人達の様々な願いごとを読み、クスっと笑ったり、「なるほど!そのお願いがあったか!」と誰かの願いごとを自分の願いごとにしたくなったりしながら読みすすめ、最後には自分の願いごとってなんなんだろう?と図らずも真剣に考えてしまったりします。
 
七夕の願いごとを真剣に考えるのもなんなんですが、何かの機会に自分は何を望んでいるのか、どんなふうになりたいのかを文字にして確認する事は、成長するためには、大事なんじゃないかなぁと感じています。
 
弊社は21期という区切りを迎える前に、新たにグループ全体を通す願いごと「企業理念」をつくりました。
 
『顧客と市場のコミュニケーションを革新する。』
~コミュニケーションを中心とする課題を、デザイン&ITを通じて解決する。卓越したコンテンツ制作とそのコミュニケーションプラットホームの提供を目指す。~
 
というものです。
大きいテーマですが、自分達の会社が何処に向かうのかを感じられ、様々な問題にあたったときに判断基準となるすばらしい理念だと思っています。
 
もっと販売効率が上がるカタログをつくりたい、キャンペーンを行いたいなど、販促にかかわるビジネスコミュニケーションを革新したいとお思いの方は、是非お声かけください。
 
さて、今年の私のお願いですが、調べてみると願掛けの由来は、「稲の開花時期である七夕に豊作を願っていたこと」や「機織(はたおり)が上手だった織姫にあやかって、手芸の上達を願っていたこと」だそうで、御利益のあるのは、実は豊作や芸事だそうです。
 
今年は「ダイエット」と思っていましたが芸技ではないという事で、おいしいけど痩せる料理が作れますように。でいきます。(島﨑)
 

【技術情報コラム】「Microsoftがタブレットを発表!!」

初代iPadの発表から2年半。ついにMicrosoftの自社ブランドのタブレットが発表されました。
 
二十数年前、生命保険の販売員が持ち歩くタブレットのソフト開発を担当していた頃は、タブレットが主流になる時代が来るとは思いもしませんでした。
厚さが3cm以上もあり非常に重く、入力の精度も悪くてミスが多かったことを思い出します。
 
現在主なるタブレットOSは、
iOS
Android
の2つです。
これにWindows 8 ProとWindows RTが加わる形になるのでしょうか。
 
ソフトウェアに関してはPC/Macではブラウザを使用するクラウドサービスが増えてきましたが、タブレットのソフトはインストール型のアプリが主流です。
 
上記のようにOSの種類の多さに加え、Androidは現存バージョンが多く最新ではないバージョンが新製品として発売されることも少なくないです。
 
さらに画面解像度の違いなどもあり多種多様になっています。
ブラウザであれば汎用的に作ることができた部分もアプリでは難しくなりますね。
このような状況でアプリやコンテンツを制作するのは容易ではないと思います。
 
時代から取り残されないように、今まで以上に日々情報を追いかけ、スピーディで効率的な制作をして行く必要性をますます感じたMicrosoftタブレット発表でした。<写真はMy Andoroid機>(佐藤)
 

【デザインコラム】「D_____BLOG(デザインブログ)始めました!

デジタル・アド・サービスのデザイナーによる、デザイン関連ブログをスタートしました。
 
デザインネタ、企画ネタ、コピーネタ、業務に関係あることないこと、いろいろ書いていきたいと思います。
 
まずは、デザイナー総勢40名のなかから脂ののった32歳コンビ星野&鈴木が、「デザイン」について熱く語っています。
 
ぜひ、当社のデザイナー魂を感じてください。
D_____BLOG
 

編集後記

「DAS News」Vol.8、いかがでしたでしょうか? 
 
先日、八戸に出張に行って来ました。
とある製紙会社の工場を見学させて頂いたのですが。。。
 
海辺に隣接しているその工場は、東日本大震災の津波の直撃を受けておりました。
 
津波に襲われた時の映像も見せて頂いたのですが、工場が海に飲み込まれる瞬間はまさにニュースで流れていた映像そのものでした。
その映像の場所に立ち、何事もなかったかのように稼働している工場を見ていると、震災から一年数ヶ月でよくこの規模の工場を立て直すことができたなと考えさせられました。
 
工場長を始め、管理職の方々に様々なご説明を頂いたのですが、言葉の端々には尋常ではない苦労と、工場を建て直すのだという強い意思を感じました。
 
敷地の一部には未だ、津波によって製品としての価値を失った紙が積み上げられており、DASという紙と関連ある会社で働いている身として、さらに心が痛みました。
 
紙に対するネガティブな意見が以前より多く聞こえる時代ではあるけれど、改めて、紙の良さを語れる会社でありたいと考えた一日でした。(村田尚)
1000 Pages Catalog

1000ページのカタログ制作 大型の総合カタログ制作を、データベースとの連携で実現

デジタル・アド・サービスのスタッフによるデザインブログです!

デジタル・アド・サービスのスタッフが、デザインに関してさまざまに書いていきます!

Copyright © 2012 株式会社 デジタル・アド・サービス, All rights reserved.
Email Marketing Powered by Mailchimp