積む白雪/疑似体験で魅せる!/「おせっかい」をモットーに。
Digital AD Service
twitter
Like [DAS News] Vol.16 on Facebook
comment on [DAS News] Vol.16

【DAS News】Vol.16


【季節のコラム】
「積む白雪」

先日仕事帰りに立ち寄ったファミリーレストランで珈琲を飲んでいると、店内に「仰げば尊し」の合唱が流れ始めました。
もう閉店時間かな?と思ったのですが、歌声が合唱から女性ソロのものに変わり、卒業のシーズンかぁと気づきました。
二十数年ぶりに聞く「仰げば尊し」だったのですが、小学校時代に覚えた曲が今でも歌詞なしでも歌える事に驚きを覚えました。
今となっては当時どれほど練習したのかすら覚えていないのですが、近頃すっかり物覚えが悪くなり会社で交わされるアルファベットの頭文字で短縮されたIT用語などもっての他。UFJが遊園地なのか銀行なのかすら怪しくなっている自分を反省し「ホタルの灯火、積む白雪」の僅かな光中ですら勉強をしたという故事に習い、もう一度勉強を始めてみようかなぁと思っています。
 
春とは言え、まだ夜は寒い日が続いています。
皆様も勉強をされる際の夜食に、弊社が岩城ハウスウエア様、角川マガジンズ様と共同企画して発刊した「冷えとりスープマグ&レシピ56」で体を温めるスープはいかがでしょうか?
 
私事ではありますが、私の息子も今年小学校卒業します。
成長した我が子を喜ぶ気持と、親離れしていく息子に多少の寂しさを感じたりしています。
(島崎)
 

【技術情報コラム】
「疑似体験で魅せる!」

こんにちは編集デザイン3部の村田です。
今回は写真に関する話題です。
 
仕事柄、企業の販促ツール制作の一環として、事例写真や商品写真、ショールームなどの写真を撮りに行く機会が多くあります。そんな中、最近ではパノラマVRの撮影とそれを用いた販促ツールのご相談を多く頂く様になってきています。
 
パノラマVRとは、一言で言ってしまえば、天地を含む360°全方位を撮影し、繋ぎ合わせた静止画像です。技術自体は数年前から存在し、それほど目新しいものではありません。ですが、近年ソフトウェアの高機能化やipad等のタブレット端末の普及により企業や教育機関、クリエーター達から再び注目を集めています。
 
それはタブレット端末に搭載されているジャイロセンサーなどと組み合わせることで、より具体的に空間情報を感じてもらうことができる様になったという一つの要因があります。
例えば、北洲ハウジング様の事例のように、多拠点のショールームをより身近に感じてもらったり、時間と共に変化して行くものをアーカイブとして残したり、と広告、芸術、記録、教育といった様々なジャンルで活用可能な技術として進化を遂げています。
 
国宝狩野永徳花鳥図襖をパノラマ撮影したり、地上6mの視点でのパノラマVR撮影を行うなど、パノラマVRの第一人者として活躍している蔭山一広氏には、弊社の様々な企業プロモーション案件でご協力頂いております。
また、パノラマVRは空間を擬似的に見せるだけではなく、動画や説明分を埋め込んだりできるので、アイデア次第で、より魅力的なコンテンツにもなります。
 
興味のある方はぜひとも!
 

【編集デザインコラム】
「“おせっかい”をモットーに。

こんにちは、新潟オフィスの鈴木です。
 
「おせっかい」をモットーに。
これは弊社ホームページに掲載しているDASの方針のひとつです。「おせっかい」というと響きはあまり良い印象ではありませんが、想いの根底にあるものは「喜んでもらいたい」という気持ちです。それはトップダウンではなく、社員から生まれた言葉でした。そんな「おせっかい」な社員を多く抱える弊社では、いたるところに「おせっかい」が垣間見えます。
 
例えば弊社に突如現れた「たまりBar」というカフェスペース。談笑したり、手作りのお菓子を持ち寄って食べ比べしたり、お酒を飲んだり……。いわゆる休憩スペースのようなものです。もしかしたら当初は、誰も求めていた人はいなかったかもしれないけれど、完成してみると無くてはならない凄くうれしい空間です。何かと言えばイベントを開催し、今まで以上にコミュニケーションが活性化しています。これも、有志たちが社内のニーズを掘り下げて実現した「おせっかい」のカタチのひとつです。
 
その「おせっかい」度は弊社ホームページコンテンツでも顕在。
 
全てはここから始まった?まずは一読いただくと弊社のモットーがご理解いただけるかもしれません。
 
こちらは「おせっかい」の集大成。お客様の期待を超える驚きをいつも用意し、カタチになった弊社の事例集です。
 
カタログについての弊社の考え方をご紹介しています。
 
他にもこれは面白いと思ったものをとことん研究するグループなどもいます。
そちらの様子は今回、D____BLOG でご覧になれます。最近では「VivaGraph」をどうにか面白いカタチで提案できないか、悪戦苦闘しています。これも「おせっかい」精神が原動力なのかもしれません。
 
こちらでは、噂の?たまりBarの全貌がご覧になれます。
 
このように弊社では「喜んでもらいたい」という想いから生まれた「おせっかい」をモットーにモノづくりに励んでいます。
 
そんな弊社の「おせっかい」に今後もご期待ください。
 

編集後記

「DAS News」Vol.16、いかがでしたでしょうか? 
 
先日、山手線一周ウォーキングを体験してきました。
池袋駅を出発し、反時計回りに山手線全29駅を巡るという、歩行距離約40kmの荒行でした。朝6:00にスタートし、途中で休憩や昼食をはさみ17:00に無事ゴール。合計で11時間も歩き続けた形となりました。
 
足は棒の様になり、股関節が痛み、とかなり厳しいゴールになりましたが、ウォーキング中は思わぬ発見と驚きの連続でした。
 
普段車で何気なく通っている道も、歩くからこそ見えてくる風景がありました。それぞれの街の雰囲気や表情も、線路沿いを歩くことでガラリと変わって感じられます。
 
目線や速度を変える事で、こんなにも受領可能な情報が違ってくるんだということを実感しました。DASもお客様に対して、様々な視点から支援ができれば良いと思います。
(村田尚)

1000 Pages Catalog

1000ページのカタログ制作 大型の総合カタログ制作を、データベースとの連携で実現

デジタル・アド・サービスのスタッフによるデザインブログです!

デジタル・アド・サービスのスタッフが、デザインに関してさまざまに書いていきます!

湯島アボガド成長日記
アラフォーでデザイン会社の社員になった、新米社員の成長日記
Copyright © 2013 株式会社 デジタル・アド・サービス, All rights reserved.
Email Marketing Powered by Mailchimp