DAS News  Vol.29

XPと税率改正・3Dハンドスキャナ Sense・デジタルカタログ、有効利用してますか?

季節のコラム「XPと税率改正」

 
東京ではあっという間に桜が散りはじめてしまいました。
オフィスの向かい側にある小学校の桜は、入学式まで何とかもってくれたようです。
やはり入学式の思い出として桜は欠かせません。

あさって4月9日で「Windows XP」と「Office 2003」のマイクロソフト社によるサポートが終了します。
今後セキュリティ上の重大な欠陥が見つかっても、それを解消する更新プログラムが提供されません。
すでにバージョンアップなどされているかと思いますが、セキュリティ対策ソフトだけでは決して万全ではありません。該当する方は移行などの対策が急務ですね。

移行と言えば、4月1日から消費税率が変更となり、まだその対応に追われている方もいるのではないでしょうか。
店頭での金額表示に「税込み」「税抜き」が混在していたり、切符には2種類の価格が表示されていたりと、利用者が慣れるまでにはもう少し時間がかかりそうです。
カタログやWebなどへの表記訂正など、反映にお困りのことがありましたら、ぜひ弊社にお声かけください。
弊社での価格表記に関しての記事は、こちらでご覧いただけます。
 http://goo.gl/iI0fW7

Windows XPが発売されたのは2001年ですので、この年に生まれた子どもはちょうど今春中学校入学ですね。
(大塚)

技術情報コラム「3Dハンドスキャナ Sense」


こんにちは。インタラクションデザインラボの渡邉です。 

近年、一般の方が3Dプリンタのようなコンピュータ制御の加工機を使って物作りをする「デジタルファブリケーション」と呼ばれる試みが増えています。 
設計図となるデータを渡すと機械が自動的に作ってくれるのですが、CADã‚„3DCGのソフトウェアでデータを作るのは手間のかかる作業です。 
今回は、このデータ作りを助けてくれる3Dスキャナのお話をしたいと思います。
 
3Dスキャナは、物体に接触すること無く大きさや形を測定できる精密な測定機器です。 éžå¸¸ã«é«˜ç²¾åº¦ãªãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ã‚’作るために、安価な製品でも百万円以上するものが多く、私たちが気軽に手を出せるようなものではありませんでした。 
Kinectというゲーム機のコントローラーを使う安価な方法もありますが、手間がかかるので誰でも簡単に使えるものではありません。 

そんな中、昨年「Sense」という4万円程度の安価な3Dスキャナが発売され、注目を集めています。 
 http://cubify.com/Products/Sense
「Sense」は、安価なだけでなく使い勝手の良さが特徴で、専用ソフトのインターフェースは指でのタッチ操作がしやすいように作られています。 

弊社では、主にWindows 8のタブレット型パソコンにインストールして使っています。ノート型パソコンよりもタッチパネルのついたタブレット型パソコンとの親和性が高いように感じました。 

スキャンしている間、パソコンの画面には取り込んだ物体が表示されます。スキャンしている対象とそうでないものを色分けして表示するなど、利用者への配慮が見受けられます。 ãƒœã‚¿ãƒ³ã‚‚少なくまとめられていて、はじめての人でも迷うことなく操作出来るのではないかと思います。
肝心なデータの精度については、高価な3Dスキャナの精度には遠く及びませんが、私たちのような一般の利用者が使うのであれば、充分な精度と言えるのではないでしょうか。

3Dプリンタは安価で精度の高いものがどんどん出てきていますから、3Dスキャナも安価で良い物がたくさん出てきてくれたら面白いですね。

編集デザインコラム「デジタルカタログ、有効利用してますか?」


こんにちは、編集デザイン部の佐藤です。
新たな出会いの季節、いかがお過ごしでしょうか。

弊社ではカタログの制作も一山越えて、デジタルカタログの作成に入っております。

すでに世に出回ってから長いこと経過したデジタルカタログですが、今ひとつ進化・拡張が見られないような気がします。


そこで弊社ではデジタルカタログを拡張できるサービスがないかと考え、商品Webサイトとの連携サービスを行っています。
簡単に言ってしまえば、デジタルカタログに掲載されている「品番」から、通販サイトや商品情報サイトの該当商品にハイパーリンクを作成します。

デジタルカタログ(元は紙カタログ)に載っている商品は、多いものでは2万商品にも及びます。手作業でハイパーリンクを作成していては時間が掛かるし、工数が膨大になりますよね。

そこで弊社が開発したのが、自動ハイパーリンク作成ツール『Auto Hyperlink Creator(以下AHC)』です。
『AHC』を使えば手作業でリンクを作成することなく自動で品番にリンクを生成します。
そして、作業時間の短縮、ミスの低減、工数の低減が可能になります。

デジタルカタログの拡張を考えている方がいらっしゃいましたら、是非弊社までお問い合わせください。

編集後記


「DAS News」Vol.29、いかがでしたでしょうか? 

4月に入り、弊社主力事業の一つであるカタログ制作が一段落し、デザイナーたちも落ち着きを取り戻し始め・・・・ と言っていたのは数年前までのこと。

現在ではカタログ制作のみならず、動画制作や学校案内制作、イベントの企画や講師依頼への対応といった多岐にわたるご要望にお応えすべく、フル回転の日々を送っております。

弊社のデザイナー達が落ち着くのはもう少し先になりそうです。
(村田尚)
 配信解除  メールアドレス・登録情報の変更  友達にこのメルマガを送る
DAS-Facebookページ
DAS-Twitter
DAS-Webサイト
 Copyright © 2014 株式会社 デジタル・アド・サービス, All rights reserved.    Email Marketing Powered by Mailchimp