Copy

2012年6月12日(火)
環境エネルギー政策研究所  プレスリリース

「自然エネルギー世界白書2012版」公表のお知らせ
 REN21(21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク、本部:フランス・パリ)は、世界の自然エネルギーに関する最新状況を取りまとめた「世界自然エネルギー白書2012」"Renewables 2012 Global Status Report, GSR2012"を2012年6月11日に公表しました。これは、世界100ヵ国以上の研究者の報告に基づき、REN21が毎年発行しているレポートです。先進国、途上国を問わず、豊富なデータを通して、世界の自然エネルギーの趨勢が把握できる資料ですので、ぜひご一読ください。
 当研究所は、飯田哲也所長がREN21の理事を務め、エリック・マーティノー研究部長がこれまでの「自然エネルギー世界白書」の企画・編集・全体取りまとめを行うなど、中心的な役割を担ってきました。今後、この本レポートの日本語翻訳も行い、公表する予定です。

2011年における世界の自然エネルギーに関する主要トピック:

  1. 益々激しくなる競争的な状況の中で、2011年には大規模な水力発電を除いた自然エネルギーの投資が17%増加し、史上最高の2570億ドルに達しました。
  2. 2011年には、電力分野・熱分野・交通分野、自然エネルギーによる全ての最終エネルギー消費の分野で急成長しました。自然エネルギー源により世界の最終エネルギー需要の16.7%が供給されました。
  3. 2011年の1年間に世界中で導入された発電設備容量208 GWの約半分が自然エネルギーによる発電設備でした。自然エネルギーによる発電設備容量は、世界全体の全ての発電設備容量(2011年の推計値5,460 GW)の25%以上を占めました。そして自然エネルギーにより世界全体の電力供給量の20.3%が供給されました。
  4. 太陽電池モジュールの価格は50%近く低下し、陸上風力発電の価格も約10%低下しました。風力発電に対して、太陽光発電に2倍近い投資が行われ、太陽光発電への投資額が1,470億ドルと、一気に52増加しました。
  5. 2012年の初めまでに、少なくとも118ヶでは自然エネルギーの政策目標を掲げており、その半分以上は開発途上国でしたが、1年前の96ヶ国から増加しました。
 
 “Renewables 2012 Global Status Report” 全文(英文)ダウンロードはこちら
 REN21からのプレスリリース(日本語)はこちら
 UNEPの自然エネルギー金融に関する最新レポートはこちら

 

■ このプレスリリースに関するお問い合わせ

認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)

E-mail: info01@isep.or.jp

URL: http://www.isep.or.jp/

TEL: 03-6382-6061

FAX: 03-6382-6062 
担当: 松原 、山下
 

Copyright © 認定NPO法人環境エネルギー政策研究所, All rights reserved.
Email Marketing Powered by Mailchimp
メール配信の登録解除 | 登録内容の変更  |
メールが正しく表示されない場合はWebブラウザーでご覧下さい。