Copy

2014年7月24日(木)
環境エネルギー政策研究所 プレスリリース
『第1回 福島県民の明日の希望を創るシンポジウム』
(ふくしま希望会議(仮称))開催のお知らせ(8月3日)

 3.11福島原発事故から3年以上が経過し、日本全体は一見平時に戻ったかのようですが、福島では未だに13万人以上の方々が県内外で避難を強いられ仮設住宅など避難先での暮らしも長期化しています。帰還に向けた除染や復興が一部では進む一方で、多くの問題が置き去りになりますます複雑になってゆく中で、今後の見通しは混迷しています。
 今あらためて、福島県民の置かれた現実と問題群を見つめ直し、県民の声を受け止めた上で、これからの福島の復旧・復興・再生のあり方と、それを超えて希望ある福島の未来づくりに繋がる政策や取り組みとはどのようなものかを問い直すときではないでしょうか。
 この4月から、福島県内外の研究者、行政、事業者、市民活動家、そして一般県民など幅広い方々と、福島の復興や損害賠償、除染、被ばく、健康影響といった問題群について、3回にわたる学習討論と議論を重ねてきました。その議論を通して、福島県民や自治体が置かれている問題群がいかに多層で複雑であるのか、その輪郭がおぼろげながら見えてきました。同時に、福島県内でさまざまな人たちによる多様な活動や挑戦が行われていることも視野に入ってきました。
 これまでの議論に参加・協力していただいた、福島県内外の研究者、事業者、市民活動家などの個人が集まり、現状から福島県民の希望をどのように創るか、そのために必要な政策や活動を探るために、『福島県民の明日の希望を創るシンポジウム』(略称:ふくしま希望会議(仮称))を開催することとしました。
 ぜひ多くの方々の活発なご参加を期待いたします。
 

 
第1回 福島県民の明日の希望を創るシンポジウム
(ふくしま希望会議(仮称))
 
■日時:8月3日(日)13:00〜16:00 (開場12:30)
■会場:郡山市民プラザ 市民交流プラザ大会議室
          (JR郡山駅前 ビッグアイ7階、福島県郡山市駅前二丁目11-1)
          http://www.city.koriyama.fukushima.jp/153030/shiminplaza/koryu.html
    ※専用駐車場はございませんので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
■定員:150人程度
■参加費:無料
■プログラム:
  13:00 開会
  13:10 第1部:福島県民の希望を語る
  14:00 第2部:福島県民の希望への挑戦
  15:00 総合討論:福島県民の希望を創る
  16:00 閉会
■主催:「ふくしま希望会議(仮称)」実行委員会 
    (当日の登壇者・運営者を中心とする実行委員会)
  • 今野順夫(福島大学元学長・名誉教授、ふくしま復興支援フォーラム)
  • 佐藤彌右衛門(ふくしま会議理事)
  • 鈴木 浩(福島大学名誉教授)
  • 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
  • 植田和弘(京都大学大学院教授)
  • 舩橋晴俊(法政大学教授)ほか
■協力:環境エネルギー政策研究所(ISEP)
■動画配信:インターネットによる動画配信を予定しています。
    (当日のネット環境次第では後日の録画配信となることをご了承ください。)
■申込方法:ご参加を希望される方は、事務局までFAX(03-5942-8938)、またはEmail(kibo.fukushima2014@gmail.com)にて、ご氏名、ご連絡先、ご所属を事前にご連絡ください。


■本イベントの広報チラシは、下記のリンクからダウンロードいただけます。
http://www.isep.or.jp/wp-content/uploads/2014/07/39934d360bdab3678d99832204d20c64.pdf
 
■本イベントは平成26年度の独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金およびパタゴニア日本支社の助成を受けています。


■ お問い合わせ先
ふくしま希望会議(仮称)実行委員会 事務局(ISEP内)
Email: kibo.fukushima2014@gmail.com
TEL:03-5942-8937、FAX:03-5942-8938
担当:道満
Copyright © 特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所, All rights reserved.
Email Marketing Powered by Mailchimp
メール配信の登録解除 | 登録内容の変更  |
メールが正しく表示されない場合はWebブラウザーでご覧下さい。