Copy
Current exhibition& New release: Tamiko Nishimura "The Miko Dancer -Konohanano Sakuya Hime"
 
View this email in your browser
Homepage
Publications
Blog
Facebook


CURRENT EXHIBITION

西村多美子写真展「舞人木花咲耶姫」
Tamiko Nishimura "The Miko Dancer-Konohanano Sakuya Hime" 

会期 Dates: 2016.10.29~12.10
木花咲耶姫ー本名すぎえすみえーに初めて会ったのは、一九七九年十一月、井の頭公園(東京吉祥寺)である。人けのない公園で踊っていたのだが、その激しい動きに、私はてっきり男性が踊っているのだと思った。神懸かり的にも見える踊りの後、化粧を落としながら話す姿は、まるで少女のようで、とても同じ人物とは思えなかった。
木花咲耶姫の東京での生活は、週一回、街中の不特定な場所で、土曜日は井の頭公園で踊っていた。他にも絵のモデルをしたり、帯を縫ったりして暮らしていたが、一九八〇年四月末、子供二人(四歳、二歳)を連れ、全国各地の神楽を訪ねる旅に出た。その旅に私も同行することにした。
かわきりは、木花咲耶姫を祀ってある富士吉田(静岡県)の浅間神社で舞を奉納することである。母親が舞う神社の神楽殿の下では、子供達がハーモニカを吹き、舞に見入ったり、走りまわったりしていた。人との出会いの中で一番密接なものは、子供との関係だと言う。幼い子を旅に連れ歩くのは、当然のことなのだろう。
五月、諏訪大社(長野)で七年に一度行われる御柱祭を訪れる。地元の人の協力もあって、祭の当日に拝殿で舞を奉納することになった。知人宅に身を寄せ、朝五時にむずかる子の手を引いて、諏訪大社へ向かう。奉納の舞は、特に動きが少ないのだが、彼女の舞は以前に比べて跳ねることが減り、指先の微妙な動きが目につく。
この年の御柱祭は初夏のような陽気で、子供達は暑さのせいか疲れきって、人混みの中のゴザの上に眠ってしまっていた。その傍らに彼女が座り「考えていた御柱祭とぜんぜん違う!」と言う。もっと小さい村祭りのようなものを想像していたのだと思った。
祭の終った夜、子供達が寝静った後、宿を提供してくれた知人から地酒をご馳走になる。翌日、子供達は旅慣れないせいか、朝からかわるがわるに泣いた。朝食を終え、祭の後の雨の中、諏訪湖へ向かった。彼女は湖の対岸を指差しながら「二人の子供を産むために、二年間、湖岸の家に住んでいたのよ。まるで世間から身を隠してたようだった」と語った。子供達は夢中で湖に石を投げている。その姿を見ながら、諏訪滞在は祭り中心で忙しなく過ぎていってしまったが、これからは子供のペースに合わせ、のんびりと神楽や祭を訪ねる旅をすると彼女は言った。
翌日、母と子供二人は、リュックサックを背負い、松本へ旅立った。(西村多美子)
“The exhibition is of photographs taken in 1979-81 of the dancer Konohana-no-Sakuya-hime. I first met Sakuya-hime in Tokyo's inokashira Park in 1979. She would dance in the quiet woods of the park every Saturday, wearing a gaudy kimono, with white make-up and her black hair flailing as she danced.
Her dance was not pre-determined. Abandoning herself, she became a possessed shaman. Her dance led the watcher into another dimension.
In 1980, seeking the origin of the sacred Shinto music, she embarked with her two small children on a pilgrimage throughout Japan, and dedicated her dance to various shrines along her way.
Spring in Asama Shrine, Fuji Yoshida, early summer in Suwa Taisha's Onbashira Festival, high summer in Ohara, Kyoto, Nara Tenri, the cluster amaryllis of Nara's Katsuragi Kaze-no-mori, Hotaka Shrine in the snow. I remember being at one with the dance at these places through the seasons.” --- Tamiko Nishimura


PUBLICATION
A Miko dancer - Konohanano Sakuya Hime
Size: 257x182 mm / 64 pages+ text 24 pages / Soft cover / 500 copies
This book includes the original journal by Konohanano Sakuya Hime (Sumie Sugie) for The Mainichi Graphic Magazine, published on November 30, 1980. In Japanese and English.
For more information


ART FAIR
Zen Foto Gallery will participate in fotofever during Nov 11-13 (Carrousel Du Louvre, Paris), featuring works by Shinya Arimoto and Tsutomu Yamagata.  We are also joining Polycopies (Nov 9-12), and pleased to announce the new photobook "Ten Disciples" by Tsutomu Yamagata will launch during the Paris Photo Week (Nov 9-13). The first stock will be available to purchase at Zen Foto booth in fotofever (Booth E4) and Polycopies. 


 
有元伸也 Shinya Arimoto 
"Tokyo Circulation" (2006~2015)

 


 
山縣勉 Tsutomu Yamagata
"Ten Disciples" (2016)

 


BLOG

現代の生、変化、Ariphotoという究極の肯定について
Ariphoto: The Ultimate Affirmation of Contemporary Life and its Changes

文 Text / 小出彩子 Ayako Koide
 
土曜の閉廊間際18時45分。幾人かの客が有元に話しかけている。会話は途切れず、果敢にも会話に加わる者さえいる。写真集『Tokyo Circulation』は展示開始直後にファースト・ストックが完売。「今までこんなすごい写真を撮られているとは知らなくて、すみませんでした」と有元に詫びる写真ブロガーとおぼしき客人。アートフォト界にとってはニューカマーでも、写真界にとって、有元は還ってきたヒーローである。
『西蔵より肖像』での太陽賞受賞から約8年、その間に東京に居を移した有元は、新たなシリーズに着手した。10年にわたる定点観測的な、足を使った、執拗な、新宿での撮影について聞くうちに、都市=東京=新宿を主題とする「Ariphoto」の影の主人公が路上で生きる人々だということが、事件を解く鍵のように落ちてきた。(続き.....)


6:45 pm, a Saturday evening. The gallery is about to close it doors. Still many visitors remain inside, not wanting to leave, wishing to continue to talk to the artist. A man joins a conversation between Arimoto and his visitors. They won’t finish their discussion soon, hindering my plan to talk to him. The compilation of his Ariphoto series entitled ‘Tokyo Circulation’ has sold out its first stock in a week. ‘I feel ashamed for not knowing such a great photographer’ a blogger apologised. For the art world, Arimoto is an up and coming photographer. For the deeper Japanese photography world, however, he is a hero making a comeback.........(Read more.....)
Share
Tweet
Forward
Our mailing address is:

ZEN FOTO GALLERY
2F, Piramide Building, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 106 - 0032 Japan  

お問い合わせ Contact:
禅フォトギャラリー 
106-0032 東京都港区六本木6-6-9ピラミデビル208号室
Tel: 03-6804-1708
E-mail: info@zen-foto.jp

www.zen-foto.jp

unsubscribe from this list    update subscription preferences 


Copyright © Zen Foto Gallery. All rights reserved.






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
Zen Foto Gallery · Rm 208, Piramide Building, 6-6-9 Roppongi · Minato-ku · Tokyo, Tokyo 106-0032 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp