Copy
Seung-woo Yang "Shinjuku Lost Child"

 
View this email in your browser
Homepage
Publications
Blog
Facebook


梁丞佑「新宿迷子」
Seung-woo Yang "Shinjuku Lost Child"


会期 Dates:2016/1/15[金]~2/10[水] 
オープニングパーティー Opening party: 2016/1/16[土] 18:00~
 
新宿駅東口から歌舞伎町の方に吸い込まれるように歩いて行くと、もう胸がドキドキしてくる。人間の欲望が見え隠れする街が歌舞伎町である。その景色が好きで好きでたまらない。
キラキラ光っているネオンの下に、ダンボールを敷いてあおむけに寝ると、これがまた、気持ちいい。なんだか社会という歯車から外れたようで違った角度から自分のこととか色々なことを考えられる。悩んだ時はダンボールが最高だ。
-梁丞佑

Walking from the East exit of Shinjuku station towards Kabukicho, my heart begins to pound. Kabukicho reveals human desire. I adore it.
I slept on cardboard on the street, under neon, and it felt good. I was out of the machine and I saw myself differently. The cardboard bed is perfect for when I get into trouble.
-Seung-woo Yang
小銭を咥えたカラスが飛ぶ街は、誰かにとって必要な居場所でもあります。 
 
1998年から2006年にかけて撮影されているこの写真は、人々と街の鮮明で活発なエネルギーが閉じ込められており、見る側は自ずとフレームの外側や前後の時間を感じ、様々な想像を掻き立てられます。
2004年から都知事の方針により開始した「歌舞伎町浄化作戦」により安全で誰もが楽しめる街へと変化した歌舞伎町に、今もなお変わらず確かに存在するものは何でしょうか。

Somewhere the crow flies carrying a coin in its beak could even be an essential place of comfort to someone.

Shinjuku Lost Child are photographs taken by Tokyo-based Korean photographer Seung-woo Yang during the years 1998 to 2006, depicting the vivid character and vibrant energy of the people and the district of Kabukicho in Shinjuku. Bringing awareness of both the self and a presence beyond Yang`s viewfinder, and of time just before and after, these photographs will excite the imagination of the viewer. The Governor of Tokyo announced the ‘Clean up Kabukicho Campaign’ in 2004, aiming to transform the district into a “safe” town for all to enjoy. What will definitely remain unchanged of this place? 
 

PUBLICATION
ご購入希望の方 / BUY NOW

作家略歴

梁丞佑 韓国出身の梁は1996年に来日し、東京工芸大学芸術学部写真学科卒業後、同大学大学院を修了、現在は東京を拠点に活動しています。

2003年の在学中に米国International Photography Awards Other Photojournalism Section入賞、2008年にはキャノン写真新世紀佳作入選、2009年に東京都美術館にて開催された第34回「視点」への出品など、一巻したスタイルを貫き、国内外を問わず評価を得ています。主な個展は「だるまさんが転んだ」銀座ニコンサロン(東京、2006年)、「君はあっちがわ僕はこっちがわ」、「青春吉日」禪フォトギャラリー(東京、2012年)等。主な写真集に『君はあっちがわ僕はこっちがわ』(新風舎、2006年)、『君はあっちがわ僕はこっちがわ2』(禪フォトギャラリー 、2012年)、『青春吉日』(禪フォトギャラリー、2012年)、『新宿迷子』(禪フォトギャラリー、2016年)。


Artist Profile

Seung-woo Yang was born in Korea. Came to Japan in 1996, studied photography in Nippon Photography Institute in 2000. Graduated from Tokyo Polytechnic University, Art Dept, Photography Section in 2004. Completed research in Media Art at Tokyo Polytechnic University Graduate School in 2006. Currently works and lives in Tokyo.

Publications:

2006  “You’re there and I’m here”, Shinpusha
2011   “You’re there and I’m here 2”, Zen Foto Gallery
2012   “The Best Days”, Zen Foto Gallery
2016   “Shinjuku Lost Child”, Zen Foto Gallery
Share
Tweet
Forward
Our mailing address is:

ZEN FOTO GALLERY
Piramide Building,2 F, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 106 - 0032 Japan  

お問い合わせ:
禅フォトギャラリー
106-0032 東京都港区六本木6-6-9ピラミデビル208号室
Tel: 080-4652-7058
E-mail: amanda@zen-foto.jp


unsubscribe from this list    update subscription preferences 


Copyright © Zen Foto Gallery. All rights reserved.